リクガメとイグアナのあしあと

リクガメとイグアナの飼育記録やその他もろもろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2009年03月05日

誰も守ってくれない  感想  ネタバレなし

生まれてはじめて「映画の日」に映画見に行きました。
寒かったせいか、はたまた、みんな「おくりびと」に流れているせいか、けっこうすいてました。
今回はこれです。

誰も守ってくれない

おすすめ度 : 5  (最高10)


殺人事件の被害者だけでなく、その容疑者の家族にも実は悲劇が起こる、という視点がポイント

映画なので多少、誇張はあるとはいえ、いまのメディアやネットの状況ならこんなことも
普通におこっているのかも・・・と思わせます。


しかし、どこまでが誇張で、どこからが等身大の事実なのか、もはや素人には
判別できません。
それゆえ、もし、こんなことが本当に起こってるならけっこう「背筋が凍るね」ってハナシです。



○事件の当事者になってから起こるさまざまなことが実に興味深いです。
 こんなことやるのかー、と素人には驚きの連続です。

●佐藤浩市、いい演技でした。同じような年の娘を持つ父と少女を保護する刑事、の心情を
余すことなく出していたように感じました。

●容疑者の妹役の志田未来もうまかった!すごく自然に演じていて違和感なく見ていられました。
 彼女は今後もいろんな映画で活躍しそうな気がしました。

●劇中でかかる音楽がいいです。すべてをやさしく包み込む、とでもいうような。
昔、よくきいた遊佐未森かと最初勘違いしました。
 Liberaというウィーン少年合唱団のような人たちが歌っているようですが初めて知りました。
 

× フジテレビ、亀山千広、といえば「踊る~」です。随所にそれを感じるときがあります。

× 映画前半はけっこう早いテンポで盛り上がり、後半に期待を持たせるのですが
  後半はかなりだれました。スローな展開がえんえんと続き、「え、まさかこれで終わり?」
  と思っていると本当に終わってしまいます。

  もう少し被害者側の視点からのエピソードを深く、たくさん出してみてもよかったように感じます。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/03/05(木) 06:32:50|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メシをめぐる争い イグアナとヒョウモンガメ | ホーム | イグアナと食パン my iguana and bread>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rikugameiguana.blog116.fc2.com/tb.php/96-af8ae207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ume

Author:Ume
ヒョウモンガメ(大): あぶ♂ 1950g
ギリシャリクガメ:   ネム♂ 570g
イグアナ:        うめ 2400g (May2011)
ヒョウモンガメ(小): ちび♂ 656g→ もらわれていく

と人間2人のおりなす毎日のあれこれ。

お手軽料理に興味あるかたはこちらもどうぞ。
働く女の急いでレシピと毎日
最近更新されず・・・

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。