リクガメとイグアナのあしあと

リクガメとイグアナの飼育記録やその他もろもろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2010年04月19日

野菜とともに

最近、4月にしては寒い天気が続いて、その影響で野菜相場が高騰している。
頻繁にえさを買っていると、日々体感できる。
総じて3月の価格の1.5倍か2倍。

まあ100円が200円になる程度でまだ許せるハナシだが
この状態がずっと続けばエサ代合計で1万円が2万円になるわけで
あまりうれしいはなしではない。

幸い春になって道端にタンポポなどが生えてきて
いよいよ、というときはそれを採集するという選択肢もあるのだが
大のおとなが道端で袋抱えてタンポポとるのは、かなり奇異の視線を集めることもあり
できれば避けたいものだ。

などと考えながら自分の部屋でコーヒーをすすりながら
サッカーくじの結果を調べていた。(わたしは最近夢を買うのが大好きだ)


台所からはトントンとリズミカルに包丁を刻む音が聞こえ、夕食が近いことを知る。
今夜はなにかな。カレーもさすがに3日続くと飽きるなぁ、などと考えていると

「うぎゃーっ!!」
と突然、台所から断末魔の叫び声が。

げげっ。
ついにうちにもゴキブリがでたのかしらん。
まだ引っ越して1年も経ってないのに。
ホウ酸団子でも作らないとだめかな、などと思いながら
声の現場に駆けつけてみると

2010041801.jpg
げこ

なんじゃ、こりゃ!?


「野菜を洗っていたらむにゅ、と明らかに野菜ではない弾力感を握ってしまい、手元を見たらこれだった」
(第一発見者のC夫人語る)
2010041802.jpg
しかし、なんという保護色

なんと!
冷蔵庫の寒さを潜り抜け、はるばる生き延びてきた、というのか!

まあよかった(ゴキブリじゃなくて)。
しかし、どうしたものか。
外は4月にしては気温7度と寒く、このまま放りだすのは死ねというようなものだ。
確かに顔見知りでもないアマガエルに義理はないが、さすがに道徳的に
気が進まない。

しかたないので今晩一晩我が家に泊っていただき、あした暖かくなってから
放流することにした。

2010041803.jpg
けろ

部屋の中が暖かいせいか、ぴょんぴょん跳びはね逃げ回る。
見失うと忘れたころに干からびた姿で発見されそうで、あわてて確保。
2010041804.jpg

翌日、無事に家の下の植栽に逃がしたのであった。



その日の晩、大きくなったアマガエルが我が家に来て
「大きなつづらと小さなつづらのどちらがいいか」
と私に聞く夢を見た。
しかし、そこから記憶は途切れており、いちばん大事な結果が分からずじまい。
残念である。
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2010/04/19(月) 16:47:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
2010年04月12日

部屋を散歩するリクガメとサザエ

東京はもうサクラも散り始めた。
いや、半分以上散ってしまった、というほうが正しい。

もう完全に春本番か。
おかげで最近は鼻水も、なみだもでることはない(わたしはスギ花粉症なのだ)。


だが春の本番を感じさせるのは、じつはそれだけではない。
もうひとつ、それは動物たちの行動。
春はおおくの動物にとって繁殖の季節。
我が家でも例外ではなく、オス2匹が大暴れしている。

なかでもヒョウモンガメあぶははんぱない暴れっぷりなので
人間がうちにいるときは、室内に放流している。
部屋にいる間は、もう休むことなくひっきりなしに歩きまわっている。
追跡装置かなにかつけて、いったいどれぐらい歩いているのか調べてみたい。
体感的には500mはいってる気がする。


そういえば、過去、我が家に遊びに来た人たちはみな
1.まず家の床にカメがいることに驚き(置き物かと思った、というひともいた)
2.「カメって意外に大きいんだね」と大きさに驚き(縁日のゼニガメと比べてはいけない)
3.つぎにそれが室内を歩きまわっていることに驚き(かみつかれると思うのか、カメから逃げ回るひともいた)
4.最後に意外に動きが早いことに驚く

そのときの顔はみな判で押したように同じ。
はるか遠くを眺めるような、そして少しうれしそうな感じ・・・
昔読んだウサギとカメの絵本の挿し絵が浮かんでいるのか・・・


さて、それはともかく、そんな大暴れなひとにおもちゃをあげてみた。
2010041205.jpg
目が真剣すぎてこわい

サザエのからを与えると、いつまででもそれで遊んでいる、というのを
どなたかの記事で読んで、一度うちでもやってみたいと思っていた。
最近うちにサザエが送られてきたので、さっそく実験。
なぜかサザエは気に入ったようで、さかんにかじってみてはかたくてあきらめ、
またかじる、というのを繰り返し。
うちでもサザエは有効なようだ。

ついでにカブのはっぱもあげといたら、べつのひとも降りてきて
2010041201.jpg

2010041202.jpg
たべる
2010041203.jpg
たべる
2010041204.jpg
ねらう

ひとの食べ物横取り、大好き!

略奪イグアナ、ことしも健在。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2010/04/12(月) 14:25:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2010年04月05日

みかんとイグアナうめぞう

ちまたではイグアナはみかんが大好きなことになっている。

我が家ではみかんは「ヒトが食べるもの」に分類されており、
トカゲとカメの出番はほとんどない。

が、たまに古くなってしまったミカンが出てくるとようやく彼らの口に
入ることになる。


そして、その嗜好の高さはおそるべし・・・


おまえ、どんだけ好きやねん

あまり関係ないがわたしは盛岡でわんこそばにチャレンジしたことはある。
まだ30代前半のころで、基礎代謝がいまの5倍ぐらいあったときのハナシである。
たしか平日の午後で、我々以外にはほかに誰もいない大広間のような場所で
体験したのだが、70杯ぐらいで挫折した記憶が。

もう腹がはちきれそうで、動くのも大変。
妊婦の気持ちが少しわかった気がした。

とうぜん、その日の夕食は抜き。

ちなみに「地元でわんこそば食べる人はいないよー」と店のおばちゃんが
腹を抱えてうめく我々に明るく言ってくれた場面は今でもハッキリ覚えている。



にほんブログ村 その他ペットブログ イグアナへ
にほんブログ村

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2010/04/05(月) 18:17:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Ume

Author:Ume
ヒョウモンガメ(大): あぶ♂ 1950g
ギリシャリクガメ:   ネム♂ 570g
イグアナ:        うめ 2400g (May2011)
ヒョウモンガメ(小): ちび♂ 656g→ もらわれていく

と人間2人のおりなす毎日のあれこれ。

お手軽料理に興味あるかたはこちらもどうぞ。
働く女の急いでレシピと毎日
最近更新されず・・・

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。