リクガメとイグアナのあしあと

リクガメとイグアナの飼育記録やその他もろもろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
2008年12月31日

リクガメとイグアナ

いや、早いものでもう年末です。

そしてこのブログ。
5月にとりあえず飼育記録としてスタートし、
いったいいつまで続けることができるか危ぶまれていましたが
なんとか年末を迎えることができました。
これもひとえに愛読者のみなさんのおかげです。
もっというと、さりげない応援、コメントのおかげです。

ほんのささいなコメントでも、それなりに反応がある、というのは
送り手としてはありがたいものなのだ、というのを
初めて実感しました。

あらためて、
ありがとうございました!

今後も通のための、仕事中にほっと一息つける、そしてたまにはタメになる
ブログをめざして日々改善していきたいと思います。

あまり読者数にはこだわりないですが、50人くらいの固定読者があれば
いいなあ(こだわってんじゃないか、と)・・・
でも、そのために何かするというよりは自然にみなさんのクチコミで広がることを
うっすら期待してますので、お手すきの時によろしくお願いします。


さて、今日は年末スペシャル!!
紅白に負けるな!
写真の連続攻撃です。
どーぞ!



一部で圧倒的な支持を受ける大人気イグアナのウメ
20081231head1.jpg
最近は飼い主の頭に登るのを日課にしております


イグアナちょんまげ、出来上がり~
20081231head2.jpg
しかし、これは結構激痛が伴います。よいこのみんなは真似しないでね。


ようやく実現しましたツーショット!
20081231umeandabu.jpg
このブログのタイトルどおりを年末スペシャルなのでやってみたかった!
ええ、飼い主のわがままです。
残念ながら足跡は記録できませんが・・。

20081231umeandabu2.jpg
床にちらばってるのはウメを誘導するためのイグアナフードです。
ヒョウモンガメあぶちゃんが食べに来たのかと、本人は最初かなり警戒モードです。


20081231umeandabu3.jpg
しかし、たいがいはお互いにはほとんど無関心。
たまに緑色のウメの足をメシかと思ってあぶちゃんがクンクンするぐらい。


20081231umeandabu4.jpg
食べ終わるとおひさまさんさんの椅子の上で一休み。
あぶちゃんはその辺の探検に余念がありません。
きみ、もう、さんざん歩いたでしょ。



20081231ume.jpg
ウメは日光浴に飽きると今度はカーテンをのぼりはじめます。
さいきんは一部で「デブイグ」などと酷評されるとおり、
もはや壁をのぼることは重さの関係でできなくなりました。
カーテンはまだまだいけます。
しかし、人間はカーテンが穴だらけになるのでまったくうれしくありません。


20081231ume2.jpg
こちらも「陽当たり良好(むかし、こんな名前のマンガがあったなー。いかん、年がばれる)」
なので大好きです。



しばらくほっておくとどこかへ行ってしまい、焦ることもあるのですが
20081231ume3.jpg
だいたい、こんな感じでバレバレ。
本人は隠れたつもりらしく長いこと動きません。




そろそろ日が沈むので、下ろそうとするとかなーり嫌がります
20081231ume4.jpg
いつもこんな目で人間を見下ろすのが常、ですね。
あの、けっこう大変なのでささっと降りてください。


以上、スペシャルとは名ばかり、かなり日常的な場面でした。
失礼しました。



最後になりましたが
みなさん、よい新年をお迎えください!



にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ


スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/12/31(水) 00:53:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
2008年12月25日

測定会12月

さあ、恒例の体重測定です。
当初、始めた時には月初にやっていたのに気づいたらすでにこんな時期に・・・

ま、已むをえません。続けることが大事、大事(自分に言い聞かせる)。

まずは最近、うちでもっとも過保護に扱われているヒョウモン大、あぶちゃん。
20081225a.jpg
大好物のきゅうりをもらってご満悦。
これに一部、薬をまぜているのですが相当嫌いらしく、少しでもそれとわかると
すぐに食べるのをやめてしまいます。
ヒトとカメの知恵比べです。



20081225a1.jpg
ご機嫌とりながらきゅうり片手に話しかける図


さて、さっそく計測開始ー!
20081225abu.jpg
大ひょうもんあぶちゃん、1109g。前月比+40g。
入院していたことも考えるとこんなもんでしょうか。


20081225chibi.jpg
つぎ小ひょうもんチビちゃん。中国製のハカリは10秒たつとオートで表示が消えてしまいます。
おいおい、いいのか、そんなんで・・・。
ま、安いから文句はいえん。写真にはうつってませんが
553g。
+140g!!
さいきん、うちで一番よく食べ、よく出す月間MVPはこのひとです。
数字によくあらわれてますね。



20081225nem.jpg
いちども病気にならず、健康そのもの優良ガメ、ギリシャのネム。
509g。+23g。
地味に増加。
ついにチビにも追い抜かれてしまいました。


20081225ume.jpg
最後、いちばんたいへんなイグアナ、うめちゃん。
大好きなイグフードで秤のうえに誘導しようとしたら、はたき落して
ばらまき・・・・そのうえ、手にぶら下がってそれをやったもんだから
手が流血・・・あ、ヒトの手のほうです。

444g。+124g。
成長率ではトップ。我が家のBRICs。


4匹ぜんぶの関係はこんな感じです
graph.jpg
1年後の順位はどうなっているでしょうか、なんてクイズできそうですね。


20081225ume,lyingzoomout
さいきんのウメのお気に入りの場所


20081225ume,lying
やわらかくて気持ちいいそうです。

よかったね。


にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/12/25(木) 20:08:57|
  2. 測定記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
2008年12月24日

レプタイルクリニックその3 大ヒョウモンあぶちゃん 退院する

以前から入院していたあぶちゃんが退院しました。

というよりは退院「させた」というほうが正しいですね。

結局1週間入院させて抗生物質を毎日投与してもらったものの
目立った改善はみられず。
獣医の先生には
「3種類のうち、効果の期待できる順に2つやったものの効き目はあまりなく
最後のひとつが効かなければもう手がないです」
といわれてしまいました。

そこでもう1週間続けることもできたのですが、
一度家に連れて帰って様子をみることにしました。

そうでなくても環境が変わると、いちいち気にするわけですし
ここまで3週間ちかく薬を飲ませ続けてることもあって
食欲があるうちに少し休ませよう、という思いもありました。


家に戻ってきましたが症状は若干ましになっている気もしますが
それほど改善はしてないようです。
そして、それは10日ほどたった今でもたいして変わりありません。

ただ、ケージのなかをよく動き回るようになってきたので
少し改善しているようにも思えます。
変なくしゃみというかせきというか、それはいまでも
頻度は日によって差があるようですが続いています。
まあ食欲もあるので急変することはなさそうです。

現在、ケージ温度を通常より2,3度あげて様子をみているところです。
また水をかなりの量欲しがるようになってきたので、切らさないように
あげています。
200812241.jpg
ぐびぐびー



200812242.jpg
ふうぅー・・・


ちなみに今回の入院にともなう費用は
抗生剤などの注射が1日3700円、それが1週間とほかに入院費などいれて
合計27000円弱でした。ご参考まで。
  1. 2008/12/24(水) 17:14:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
2008年12月24日

ブラインドネス blindness

ブラインドネス
おすすめ度: 3 時間の無駄ではないが後味が悪い


正直にいって、見終わった後に感じるのは「途方もなくいやな気分」でしょうか。

突然、視力を失うことによって体験することになる無秩序な世界は
きっとそうなるのだろうと妙に現実味があるだけに。

たとえて言うと

前触れなくやってきた大地震で街が大混乱に陥る。
電気も水もいっせいになくなり、復旧のめどすらたたず
お金にもほとんど価値がなくなったときに
自分の家族を守るために食べ物を手に入れなければいけない。
いつも「助け合い」や「思いやり」ということの大切さを考えている自分が
どうするか?

というところでしょうか。


「悪貨は良貨を駆逐する」ではないですが
生活不安におちいると人間のモラルは一気に地に落ち
エゴむきだしの世界が顕在化する。

そういう認めたくない現実をこれでもかと
見せられると、気分的にかなり落ちます。
個人的には夏に見たThe Mistよりもっと落ちました。


この映画は「あ、そんなことが起こりうるのか?」と
「気付き」の体験をするのにはいいのかもしれませんでしたが
すでにそういう体験がある、または想像したことがあるひとには
かなり疲れる気がします。

もちろん、この映画の監督は「ナイロビの蜂The constant gurdener」でも
そうでしたが社会派ものを面白く見せることにはたけているので
面白くないことはないですが。
(11月末記)

プロの批評家のコメントはこちら

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/12/24(水) 00:17:48|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2008年12月23日

地球が静止する日The day the earth stood still

The day the earth stood still
おすすめ度: 5(最高10) ほかに面白そうなのがない時に。キアヌファンはどうぞ。

正直、あまりおもしろくなかった。

なにがおもしろくなかったのか。
話の内容が目新しくない。(リメイクだから?)
特殊効果も予告でさんざん見ただけにあまり驚きがない。
というか、予告で出てきたのがほとんどすべてのような・・・

そしてダメ押しのように、ラストの結末が・・・
「え?これで終わりなの?」
あまりにも普通の、そして盛り上がらない終わり方に
あぜんとしてしまう、といったら言い過ぎかもしれないが。
そこに至るまでの盛り上げはよかっただけに、なんとも。

キアヌ・リーブス、ジェニファー・コネリー、キャシー・ベイツと
見栄えのするキャストでなんとか救われてる、といった
印象でした。
ちなみにリーブスが中国語を話す場面が3分ほど出てくるのですが
これもまたご時世だなー、と思った事でした。



ところで今回はじめてウィンブルシートというやつで見たのですが
これはなかなかよかったです。要はホームシアターでよくある
音声に合わせてシートがブルブルふるえて臨場感を出してくれる
装置です。200円でコイン買うだけでけっこう楽しめました。
ただ、2,3回やるともう飽きてくるかもしれないですが。

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/12/23(火) 02:18:55|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2008年12月08日

レプタイルクリニックその2 大ヒョウモンあぶちゃん入院する

先日来、抗生物質の経口投与を続けてきた大ヒョウモンのあぶちゃんですが
2週間様子をみたものの症状はほとんど変わらず・・・・
再びレプタイルクリニックにいくはめに。


今回も同じ装備で運んだものの、やはり何回やっても慣れないのか
こわいのか、興奮するのか、真相は不明ながら
中に敷いたペットシートに巨大うんこをばらまいていました。
(写真は自重)
もちろん、本人も腹から手足からうんこまみれ・・・・

しかし、先生まったく動じることなく、手慣れたもので
「さあ、きょうはどうかなー?」
などといいながら器用にカメの首を入れたり出したりさせて
呼吸の通り具合をチェック。

曰く、呼吸はきれいに通っているので気管はかなり改善したのではないか。
再度レントゲンとってみましょう、と。

そしてその結果は?

肺に映る白い霞みがかった部分はほとんど変わっていなかったのでした。


先生曰く
「やはり経口ではあまり吸収されなかったり、成分が弱かったりするので
薬効は期待できない。
注射で直接投与するほうが効果は期待できる。
しかしある程度連続して毎日注射する必要があるので
入院させて治療したほうが、結果として早いのではないか。
もちろん、通院でも構わないが手間や移動の間の低気温などの
悪条件を考慮すると入院のほうがよいと思う」
とのこと。



ここにいたり、我々もついに自宅治療を断念することになってしまいました。
アイタタタ・・・・

今でこそ、「カメの入院」をあまり違和感なく受け入れられるが
2,3年前には想像もつかなかったなぁー・・・
「え!カメの入院!?どこに?どうやって?なんで?」
というのが一般的な反応ですもんね、今でも。

犬や猫なら自然に感じるのがカメではそうならないのは
なんででしょうね。

大きさの問題?
飼い主にどれだけ懐くかの問題?
値段の問題?
どれも違うような気がします。
いまだに明快な答えはわかりません。



ともあれ、こうしてあぶちゃん、入院することになってしまいました。
帰ってくるのはうまくいけば1週間後。
さあ、完治して戻ってくるかな?


そんなときにこのひとは
200812071.jpg
めしはぜんぶいただきー!


200812072.jpg
飼い主にも馬乗り~!



200812073.jpg
大ガメがいなくなってワシの天下じゃあぁー!


200812074.jpg
うおぉーーーーおーー!!




にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/12/08(月) 19:27:57|
  2. 病気・病院
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2008年12月06日

イグアナうめちゃん  ことらさんに会う

とある休日、
いつも飼育ノウハウなどでお世話になっていることらさんが
ご夫婦で遊びにきてくれました。

うちのカメズ、イグたちはもちろん初対面。
さあ、どうかなー?
20081206a.jpg
大きさを記憶中?のことらさん

思った以上に彼らも喜んでいるようでした。
が、とーしゃんさんのチビイグうめちゃんへの絡み方のほうが
予想以上?
かなり、つぼにはまったらしく
ずいぶん、かわいがってもらいました。
うめもうちの家族以外のひとに会うのは初めてだったにもかかわらず、
怖がることもなく懐いていたのは印象的でした。



20081206b.jpg
うーむ、すっかり懐いているなぁ



大ベテランことらさんの観察により、オス確率がさらに高まっているあぶちゃんも
病院がえり翌日にも関わらず、元気元気!
たっぷり遊んでもらいました。


このあと近くの蕎麦屋に人間たちだけで移動。
カメ談義で飲んでは食べ、食べては飲み・・・
あっというまに楽しい一日が過ぎていったのでした。


ことらさん、とーしゃんさん、遠いところ、ありがとうございました。
暖かい時期になったら、また遊びにきてくださいね。
そのころにはカメズはもちろん、
うめちゃんはもはやチビイグではなくなっているかと思われますが
引き続きかわいがってあげてくださいね!


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/12/06(土) 23:59:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
2008年12月05日

レプタイルクリニック あぶちゃん、リクガメの病院に行く

寒いですねー。
あまりの寒さに更新するのをすっかり忘れてました。


さて、一部はその寒さのせいもあり大ヒョウモンのあぶちゃんが
かぜひいてしまいました。
鼻水たらすのは、割とよくあることで(ほんとうはよくないのだが)
それはある意味で、環境がよろしくない、というサインでもあるので
いつもあわててケージの温度チェックしたり、床材変えたりしてみるわけです。

まあ、ウォーニングのようなものなので、いつもそんなにあわてたりしない
のですが、今回はちょっといつもと違いました。

咳というか、クシャミというか、すごい音でするようになったのです。
そうですね、ほとんど人間のそれとあまり変わりません。
なので違う部屋にいても聞こえる時もあるほどです。

これはいかん、どうもいつもと違う。
食欲は普通にあるものの、リクガメは割とあっさりと逝ってしまうことがよくある、と
聞かされていたこともあり、あわてて医者に連れていくことにしました。


連れて行ったのはレプタイルクリニック、という爬虫類など専門の
病院です。お茶の水の順天堂大学病院の近くにあります。
実は以前にも行ったことはあるので今回が2回目。


もう夏と違って気温が低いので連れて行くのもけっこう準備が大変です。
箱にペットシートしいて、カイロを数個入れて温度を確保して・・・・

到着後は予約していたのですんなり入れました。

診察風景
room3.jpg
まさにまな板の上のコイ、じゃなくてカメ


最初に先生に状況を説明。
以前にあぶちゃんがケージの扉をあけて勝手にでてきてしまい、
その時がかなり寒い日だったことを告げると
おそらくそれが原因だろうと。
「カメの大きさにかかわらず、気温の急変にはきわめて弱いので注意してください。
大きいから体力あるので大丈夫だろう、というのは何も根拠がなく間違いである。」
といった説明をうけました。
そして外見からみただけでははっきりわからないので念のためにレントゲンとりましょう、
ということになりました。


その間、少し待ち時間があったので部屋をウロウロ。
室内の水槽におもしろいの発見
room1.jpg
ナガクビガメが泳いでいます。

room2.jpg
しばし、たわむれ。
びっくりしたような顔がおもしろい!ちょっとこの写真ではわかりにくいですが。


しばらくすると、先生が写真持って説明してくれました。
xrayphoto.jpg
「初期の肺炎ですね」


ええー、そうなの?
いや、まあ予想してましたけど。そうか、こんなに簡単になってしまうものなのかー。
ふーむ・・・・

写真のこの部分がこうなので、間違いないでしょう。
治療としては抗生物質を経口投与させるか、
または入院させることもできますがどうしますか?
と聞かれたので、まだ食欲も旺盛だし、薬をもらって様子をみることにしました。


肺炎だっていわれたよ、あぶちゃん
20081205abu1.jpg

困ったねー。
これから毎日、薬飲んでしっかり治そうね。
20081205abu2.jpg
ぶふぅー


ちなみに費用はレントゲンや薬代など全部で9800円!
うむ、お金には代えられないとはいえ、保険がきかないとけっこうキツイなぁ。
健康保険制度って大事だな、とあらためて思い知った一日でした。



にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ  







[レプタイルクリニック あぶちゃん、リクガメの病院に行く]の続きを読む

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/12/05(金) 18:02:43|
  2. 病気・病院
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Ume

Author:Ume
ヒョウモンガメ(大): あぶ♂ 1950g
ギリシャリクガメ:   ネム♂ 570g
イグアナ:        うめ 2400g (May2011)
ヒョウモンガメ(小): ちび♂ 656g→ もらわれていく

と人間2人のおりなす毎日のあれこれ。

お手軽料理に興味あるかたはこちらもどうぞ。
働く女の急いでレシピと毎日
最近更新されず・・・

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。